セックスレス-膣のゆるみ

膣は筋肉のかたまり?

女性の膣は、筋肉の塊と言っても過言ではありません。

 

膣には、血管が多く集まり、いつもあたたかいところです。

 

女性が出産を経験すると、よくゆるくなると言われますが、それは出産によって産道が伸びてしまって、ゆるくなったのではなく、伸びてしまった筋肉がきちんと収縮しなかったからです。

 

最近、結構多いのが細くてスタイルのいい女性で胃下垂に悩まされるひとです。
胃下垂の原因の中に、筋肉が薄く、弱っていることがあるそうです。

 

そのような女性の中には、尿漏れをしたり、膣圧が弱く膣がゆるいと言われ悩みを抱えている人もいるそうです。

 

締まりをよくするトレーニング

強い膣圧は、トレーニングでつくることができます。

 

膣圧を改善させるために、一番簡単かつ重要なことは、正しい姿勢を保つことです。
お腹とお尻に力を入れて背骨をまっすぐ伸ばします。

 

座るときも同様に、お尻をキュッとすぼめて、腹筋に力を入れて、猫背にならないようなスタイルで座る。
たったこれだけでも、筋肉の弱い方には違ってきます。

 

意外と正しい姿勢が出来ていない方が多いと思います。
まずは普段の生活から見直してみましょう!

 

膣トレマニュアル

お尻の穴に力を入れる、弱める、入れるを数回繰り返す。
おしっこをするときに、している途中で止める。

これを1日に1回してみる。

下腹部の腹筋を鍛える。

寝そべって、足を伸ばして床から15cm上げて、そのまま15秒〜30秒止める。
これを5セット。

 

締まりを良くするポイントは肛門を締める。

 

膣口を締める膣括約筋は、会陰部で肛門括約筋とつながっているため、肛門をすぼめると自然に膣口も締まります。
ということは、肛門の締まりを良くすれば、膣の締まりも良くなるということになります。

 

これまで紹介してきた、膣圧トレーニングは日常生活しているときでも、取り入れられます。
継続することで、効果が得られますので、頑張って下さいね。

 

膣圧トレーニング&感度アップの嬉しいアイテム

 
  • とにかく早く膣の締まりをよくしたいの・・・
  • 彼に喜んでもらいたいの・・・
  • もっともっと気持ちよくなれたらいいのに・・・

この贅沢な願いを叶えてくれるトレーニングがあります。

 

しかも、膣圧トレーニングしながらの感度アップまで期待できる嬉しいセクトレなのです。

 

みんなが体験して体感して、多数の「使ってみてよかった!」という感想の声が寄せられているアイテムを使ってみてはいかがでしょうか?自分も気持ちよくなって男性も気持ちよくなれば最高に幸せですよね。

 

膣のしまりをよくすることはもちろん、男も女も喜ぶセックスを楽しむことができますよ!

 

(膣圧向上の公開は終了しました。次の機会をおまちください)

 

 

ちなみにですが・・・

 

膣というのは男性の大きさによってサイズが変化します。

 

ということは・・・

 

ちょっと小さくて細いサイズのバイブを自慰のときに使うようにすると、

 

膣のサイズが細いバイブに合わせて変化しますので、それよりも大きい男性を迎え入れると「キツい」と思わせることができるようです。

 

自分が気持ちよくなるようにと大きいバイブを使うと逆効果です。

 

ここは我慢が必要ですね。

 

大人気の膣圧トレーニンググッズをご紹介!!
気持ちよく膣圧のトレーニングを行えますよ。
ただし、すこし感じちゃいますのでご注意を^^

 

膣の締まりをよくするトレーニング関連ページ

膣をしめる簡単トレーニング
誰にも知られず自分でコッソリと膣のしまりを良くする方法を書いています。
膣のゆるみを2ヶ月で改善した生の声
『膣のゆるみ』で悩み、女性としての自信を失いかけ、セックスレスで悩んでいる方へ。
女性のデリケートな悩み
『膣のゆるみ』で悩み、女性としての自信を失いかけ、セックスレスで悩んでいる方へ。